CT検査

髙田千年クリニックのCT検査のご案内です。

CT検査 > メタボリックCT検査

メタボリックCT検査METABO

当クリニックは、マルチスライスCTによる検査を行っています。
マルチスライスCTの導入により、従来と比べ、広範囲を短時間に撮影することが可能となりました。

メタボリック症候群とは?METABO

動脈硬化、心臓病、脳卒中の危険因子に、生活習慣病といわれる高血圧、高コレステロール血症、糖尿病、喫煙などが挙げられます。これら疾患の原因に「内臓脂肪型肥満」が大きな関わりをもっており、さらにこの「内臓脂肪型肥満」は疾患を増幅し大変危険です。この「内臓脂肪型肥満」に加え、さらに血糖値、血圧、血清脂質のうち二つ以上が危険域(下記参照)にある場合をメタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と言います。