症例紹介

髙田千年クリニックの症例紹介です。

症例紹介 > 骨盤(女性)

子宮正常例

子宮筋腫

子宮腺筋症

内膜症性嚢胞

子宮内膜症とは、子宮腔にだけ存在するはずの子宮内膜組織が、本来はないはずのところに増殖してしまう病気です。こうした内膜は異所性子宮内膜といい、多くは子宮のある骨盤の中の腹膜や卵巣に見られますが、臍、肺や腸など、時々とんでもないところにできたりします。
卵巣の中に子宮内膜症ができることを内膜症性嚢胞といいます。
症例TOPへ戻る