症例紹介

髙田千年クリニックの症例紹介です。

症例紹介 > 四肢

半月板は膝関節内にある軟骨に似た組織で、内側と外側に1つずつあり、体重による負担をやわらげたり、 膝の動きをスムーズにするクッションの役割があります。 膝が曲がった状態での捻りや、 さらにその状態から急に立ち上がるなどの動作で半月板は損傷を受けやすくなります。
「膝がひっかかる」 「まっすぐにのびない」というような症状の時は、半月板損傷の可能性があります。
右の画像は内側の半月板に白い線状のものが見えてますが半月板の断裂をあらわしています。

正常半月板

内側半月板断裂

足関節脛骨骨折

脛骨遠位部とは、下腿の足関節に近いところです。交通事故、スポーツ外傷や転倒・転落などで、下腿や足部が固定された状態で、下腿と足部の間に捻転(ねんてん)力や回旋(かいせん)力が加わって、脛骨遠位部や足関節の骨折が生じます。脛骨遠位部骨折では足関節の関節面のずれがみられることがあり、足関節の骨折では内果(ないか)(うちくるぶし)や外果(がいか)(そとくるぶし)などが折れます。また、脛骨遠位部と足関節の骨折が同時にみられることも少なくありません。
症例TOPへ戻る